経験者向けHTMLコーダー求人の探し方

転職サポートを受けながら中途採用を目指しましょう

経験者向けHTMLコーダー求人の探し方ですが、市販の仕事情報雑誌に掲載されています。

しかしそのような求人雑誌やハローワークの場合、転職サポートを受けずに求人を探し、履歴書・職務経歴書の内容を考えて作成し、書類審査通過後は面接に挑むことになります。

HTMLコーダーはPCと向き合うことが多い仕事ですし、中にはコミュニケーションが苦手、上手く自己アピールできない…という方もおられると思います。

私もHTMLコーディングの仕事を行っていますが、極度の人見知りなんですよね。面接があると緊張しますし、どのように自分をアピールすれば良いか分かりません。

そもそも履歴書・職務経歴書の作成段階で、何をどうアピールすれば良いか分からなかったりします。自分ではここがPRポイントかな、企業にとってもメリットになるかなと思っても、独りよがりで主観的な視点になってしまうのです。

結果的に何社に履歴書を送っても書類審査に通過しない、運良く面接まで進んでも最初から不採用の気配が漂うことになります。

あなたにも経験があるかもしれません。そして送った履歴書が不採用で何度も戻ってくると、どんどん自信を失ってしまうんですよね。

「書類審査通過の場合は○月○日までに連絡します」と記載がある求人の場合は、その日、携帯電話を肌身離さず持ち続けることもあるでしょう。

いつ掛かってくるか分からないと、外出時はもちろん、トイレやお風呂にまで持って行くことはありませんか?

私はあります。その時は採用でしたけどね…。

転職活動で結果を出すには、HTMLコーダーのスキルとキャリアはもちろん、履歴書対策、面接対策が必要になります。

自分一人で求人探しを行えば行うほど結果が出ない…という負のスパイラルに陥ることもありますので、ぜひコンサルティング型の人材紹介サービスを利用して、転職のアドバイス・サポートを受けながら進めてみて下さいね。

その場合は、マイナビエージェント×ITのようなWEB業界に特化した人材紹介サービスを利用すると良いですよ。

求人数も豊富ですし、様々な情報提供も行ってもらえます。もちろん面接対策も行ってもらえますので、まずは無料登録から初めてみて下さいね。