HTMLコーダに求められるもの

幅広い知識が必要

コーダーの現場では実際にどのような声が上がっているのでしょうか。

幾つかのウェブサイトなどを見て総合していきますと、良くも悪くもコーダーとは技術力であると言うことですね。

実績、スキルの高さ、センス、などを総合しての技術力なのですが、この技術力がなければ話にならないと言うことになります。

これからコーダーを目指そうとしている方がいるのであれば、まずはHTML、CSS以外にもウェブサイトに関係あることを学んでおくことをオススメします。

基本的に正社員としてコーダーを目指しているのならHTMLとCSSだけでは不十分だと言えます。

最低でもJavascriptやFlashなどが使えないと未経験からの正社員は厳しいだろうとされています。

出来れば、さらにPHPやPerlなど動的なウェブサイトを作っていけるスキルが欲しいところです。

ソフトウェアの面で言いますと、Dreamweaver、Photoshop、Illustrator、Fireworksなどは必須だと言えます。

これらのアプリケーションを利用してコーディングをしていきますので、使いこなせるようにしておきましょう。

ウェブサイトの構築に必要な引き出しの多さを身に着ける

コーダーの現場は先ほども触れましたが良くも悪くも技術次第でその待遇が変わってくると言っても良いです。

同じコーダーでも扱うことの出来るスキルのなさが年収の低さにもつながってしまうそうですね。

勿論、勤める会社やどこに住んでいるのかによっても多少の格差はあります。

が、基本的にはやはり技術職であると言うことです。

フリーとして活躍しており、1000万円以上の収入を得ている方も実際にいらっしゃいますので、先ずはどこでも通用するようなデザインのセンスやどんなウェブサイトであっても構築していける引き出しの多さを身につけていきたいものですね。