HTMLとCSSの知識は必要不可欠

様々な知識とスキルが必要

コーダーになるにはどんなことをしていくと良いのでしょうか。

一般的なことを言いますと、コーダーにとって必要不可欠であるHTMLとCSSの知識は絶対に必要となります。

そのレベルで必要となるのかと言いますと、基本的には何も参考にしないでウェブサイトをタグ打ちで作れるくらいは必要だと言えますね。

またその作ったウェブサイトが商用に耐えうるデザインやユーザビリティを持っているのかが重要です。

近年のウェブサイトを見ていると解るかと思うのですが、基本的にHTMLだけで構成されている商用のウェブサイトはほぼありません。

何かしらJavascriptを活用していたり、Flashを活用していたりするものです。

何かを販売するようようなウェブサイトですと静的なウェブサイトではなく、動的なウェブサイトとなっています。

動的なウェブサイトを構築していくにはPHPやPerlと言ったプログラミング言語が必要となってきます。

商品を数多く販売しているのであればDBの知識も必要となってきますよね。

その為にコーダーと言っても単純にHTMLをくみ上げていくだけでは済まない職であると言っても良いでしょう。

ウェブサイトを構築するセンスも求められる

時にはウェブサイトで使う画像の加工をすることもあるでしょうし、Flashなどを作成することにもなってきます。

そうした時には単純にウェブサイトを構築するだけではなくセンスも問われてくることになります。

ユーザビリティを考えた作りにしているのか、などなどコーダーの腕の見せ所だと言っても良いでしょう。

つまりコーダーの仕事はウェブサイトを実際に作っていくものだけあって幅広い知識やスキルが求められることになると言えます。

その為にも最初からすべてを身につけていくのは難しいとしても最低限静的なウェブサイトであれば自分1人で大体のことは出来るようになっておきたいですね。