HTMLコーダーの給料は雇用形態で大きく変化

スキルや実績のある方は高年収

コーダーの一般的な給与となるとどのくらいなのでしょうか。

基本的にコーダーの求人を見ていますと需要自体は多くなっています。

アルバイトやパートタイムとしての求人もあれば、派遣会社に登録する方法もあります。

他にはSohoとしてフリーで活躍している方もいらっしゃいます。

ある意味では技術職であり、手にしたスキルや実績次第では大きく稼ぐことも出来る職種だと言えます。

フリーで活躍するような方、デザイン会社で働く方、広告代理店などに派遣される方、などなど沢山の雇用形態がありまうので一般的に給与がどのくらいになるのかと言うのは難しいですね。

アルバイトに毛の生えたような給与しか貰っていないと言った方もいれば、反対に1000万円を超えるような年収を手にしている方もいらっしゃるようです。

様々な知識とスキルがあれば給料アップが期待できる

正社員として働いている方の年収の相場を求人サイトなどを見ていますと、およそ300万円ほどから450万円ほどであることが多いですね。

勿論その人が持っているスキルや知識、実績などによっては多少の上下があると考えて良いでしょう。

ウェブサイトを構築していく為のスキルが多ければ多いほど年収なども上がっていくと考えて良いですね。

HTML、CSSは基本となりますが、その上で、Javascriptなど活用範囲の大きなものは使えるようになっておきたいですね。

出来ればですが、動的なウェブサイトを構築していく為にPHPやPerl、Rubyなどのスキルも身につけていきましょう。

さらに言うのであればデータベースやネットワーク関係の知識やスキルなどがあれば良いかもしれませんね。

知識やスキルの多さが即ちコーダーとしての引き出しの多さにもつながりますので、給与を上げたい時には色々と覚えておきましょう。