コーダーに必要なスキルはHTMLとCSSの知識

使用するソフトウェアの知識も必要

コーダーにはどんなスキルが必要だとされているのでしょうか。

コーダーと言うのはデザイナーが作成したデザインを元にして実際にウェブサイトを構築していく仕事になります。

その為に先ずは基本としてHTMLとCSSの知識を持っておくことは前提です。

基本的な知識だけではなく既存のバグなどの知識をしっかりと把握しておかないといけません。

使うソフトウェアとしてはDreamweaverやFireworksなどが代表的でしょうか。

これらソフトウェアを使うことでタグ打ちなどのタイプミスも少なくすることが出来ます。

ただし独学で学んでいくのは、なかなか取っつきにくいソフトでもありますので書籍などを利用するか、スクールなどに通うと良いかもしれませんね。

依頼にあわせて柔軟に対応するスキルも求められる

コーダーに必要なスキルとしては案件に適して柔軟にサイトを構築していかなければなりません。

勿論のことですが、サイト作成の依頼があったとしてもサイトの規模や予算、納期などは依頼ごとに変わっていくものです。

本来ウェブサイトを構築していく時にはW3Cの仕様に沿ってサイトを作成していくことが理想だと言えます。

しかし、中には急ぎの案件などでほとんど納期までに時間がないようなケースもあるでしょう。

そうした時には標準の準拠を元にしていると納期に間に合わなくなってしまいますので、納品を間に合わせる速度重視にしてコーディングしなければなりません。

他にもデザインによってコーディングの方法を変えていかないといけないこともありますので、依頼にあわせて柔軟にサイトを構築していくスキルは重要なものだと言っても良いですね。