HTMLコーダーは重要なポジジョン

ウェブサイトを実際に制作する職種

コーダーとは耳慣れない職種でしょう。

コーダーと言うのは主にウェブサイトを実際に作成していく人のことを指す言葉になります。

ウェブ制作の現場で使われている言葉で、デザイナーがしたウェブデザインを元にしてHTMLなどを実際に作成していきます。

ただHTMLだけを作成していくのではなく、実際にウェブサイトを就くっていくことになりますのでHTMLを記述の仕方を決定したり、CSSやJavascriptなどの記述などに及ぶまで全てに対応していかないといけないこともあります。

勿論、コーダーの仕事だからと言って全てをこなしていくかどうかは所属している会社などによって異なってくるでしょう。

ただ指示があった時にはこなせるようにHTML以外の知識も身につけておきたいところですね。

一般的にコーダーと言いますとデザイナーの下請けのように考えてしまう方も多いようです。

しかし、実際にはデザインを元に文書構造を構築し、デザインに沿わせたウェブページを作成していくことは非常に重要なポジションだと言えます。

ウェブサイト制作に関わる全般の知識が必要

いわば家を設計するのがデザイナーとすると、実際に家を建てる大工さんと言っても良いでしょうか。

どこかに優劣がある訳ではなく、ただ役割が違うだけでディレクターやデザイナーと同様にコーダーがいなくては仕事にならないと言えます。

単純に理解するのならウェブサイトを作っていく職種と考えて良いでしょう。

コーダーに必要となってくる知識はウェブサイト作成に関わること全般ですね。

HTML、CSS、Javascriptあたりは基本だと言っても良いでしょう。

中には画像に加工を施してウェブサイトで使えるようにすることなどもありますので、画像加工の知識なども必要だと言えます。