WEBページ制作の標準的スキルが証明できるホームページ制作能力認定試験

初心者におすすめの資格がホームページ制作能力認定試験

当サイトでは、未経験からHTMLコーダーへの転職を目指している方へ転職活動が有利になる情報をご紹介しています。

未経験からHTMLコーダーへの転職を目指す際には、WEB業界に関する資格を取得していた方が有利に転職活動を行う事ができます。

ここでは、WEB業界に関する資格のひとつでもあるホームページ制作能力認定試験についてご紹介しています。

ホームページ制作能力認定試験は、サーティファイが認定する民間の検定試験になります。

ホームページ制作能力認定試験の資格を取得する事で、HTML編集ソフトを使用し見栄えのよいホームページを制作するための標準的なスキルがある事を証明する事ができます。

受験資格に制限はありません。

同じような資格でWEBクリエイター能力認定試験と言うものがありますが、このホームページ制作能力認定試験はWEBクリエイター能力認定試験よりもランクは下がる資格と言われています。

合格率が90%以上という数字が出ているので、難易度的にはやさしいレベルになります。

HTMLについての勉強を始めたばかりの方やWEBクリエイター能力認定試験への力試しをしたいという方におすすめできる検定試験になります。

もしWEB系の企業に転職をお考えの方は、このホームページ制作能力認定試験の資格だけでは説得力に欠けますのでWEBクリエイター能力認定試験やプログラムに関する資格やデザインに関する資格を併せて取得する事をおすすめします。