WEBクリエイター能力認定試験

実績と信頼がある検定がWEBクリエイター能力認定試験

ここで紹介するWEB業界の資格・検定はWEBクリエイター能力認定試験についてです。

WEBクリエイター能力認定試験はサーティファイが認定する民間の資格検定になります。

民間の資格検定になりますが、2001年に開設され多くのWEB業界に携わっている方が受験し、実績と信頼がある資格になります。

現在、開校されているWEB業界のスキルを取得できる学校や訓練所などの多くがこのWEBクリエイター能力認定試験を推奨しています。

WEBクリエイター能力認定試験の資格を取得する事により、HTML・CSSのコーディングのスキルやCSSを使用したデザイン能力などといったWEBサイトを構築する際に必要なスキルを証明する事ができます。

HTMLコーダーへ転職を目指している方には、このWEBクリエイター能力認定試験の資格の取得は非常に大きな武器になります。

特に、未経験からHTMLコーダーへ転職を目指している方には、HTMLとCSSをコーディングできるスキルを証明する事ができますのでWEBクリエイター能力認定試験の資格を取得する事をおすすめします。

WEBクリエイター能力認定試験には初級試験と上級試験がありますが初級試験の場合ですとHTMLとCSSの基礎的なスキルしか証明する事ができませんので上級試験を受験する事をおすすめします。

個人でも検定に申し込むことができ、参考書や過去の問題集などもインターネットや書籍で公開されていますので取得しやすい環境になっています。

このWEBクリエイター能力認定試験は受験しているWEB業界の方も多く人気のある資格検定になりますので取得する事をおすすめします。