ウェブデザイン技能検定

WEB業界に関する検定では唯一の国家試験

WEB業界には様々な資格や検定があります。

HTMLコーダーへ転職をする際にも転職に役に立つ資格・検定があります、

ここではWEB業界の資格・検定のひとつのウェブデザイン技能検定に注目をしていきたいと思います。

ウェブデザイン技能検定は、厚生労働省が認可する国家検定になります。

WEB関連の資格ではこのウェブデザイン技能検定は唯一の国家資格になります。

このウェブデザイン技能検定では、HTML・XHTML・CSSのコーディングのスキル、画像処理ソフト、テキストエディタ、インターネット環境の知識などといった能力を評価する検定になります。

ウェブデザイン技能検定の資格を持つことでWEB業界で必要なトータル的なスキルを取得している事を証明する事ができます。

ウェブデザイン技能検定は1級〜3級まであり、それぞれ筆記試験、実技経験で能力を検定します。

ここで注意しなければいけない事は、実務経験がない方や未経験の方の場合ですとウェブデザイン技能検定3級の検定しか受ける事ができません。

他のウェブデザイン技能検定2級・1級も受験資格があります。

もし、ウェブデザイン技能検定2級・1級を受ける場合にはしっかり試験概要を確認する必要があります。

上記でも、述べましたがWEB業界で実務経験がないはウェブデザイン技能検定3級の検定しか受ける事はできませんが、たとえ3級だとしても国家資格には変わりはありませんので転職活動に大きく役に立つと言えるでしょう。

このウェブデザイン技能検定は設立されて間もないですが、WEB業界関連の学校などでもこのウェブデザイン技能検定を推奨している学校も多く、信頼できるWEB業界の検定のひとつになります。

現在、HTMLコーダーへ転職を目指している方や学校などでWEB業界のスキルを学んでいる方はこのウェブデザイン技能検定の検定を受験する事を検討してみてはいかがでしょうか。