WEBプログラマーは年収の幅が広い職種

プログラミングのスキルによっても年収が変わる

WEBプログラマーの平均年収は、年収400万円〜600万円程度となっています。

基本的にWEBプログラマーは、所属している会社が儲かっているかや、所有している技術の高さで年収が決まります。

会社の調子が良い時には、かなり給料が良くなることもありますが、会社の調子が悪くなるとボーナスカットなど、シビアな環境になることもあります。

さらに、技術力勝負の世界でもあるので、しっかりとした技術を持っている人は、1000万円以上の年収を得ている人もいます。

しかし、あまり技術を持っていない人の場合、年収が300万円以下の人もいるなど、格差が大きい世界でもあると言えるでしょう。

高度な技術を持っている人は、フリーでプログラマーをしていることも多いです。

業務委託という形式をとるなどして、大きく稼いでいます。

WEBプログラマーはプログラミングの技術に加えて、ウェブデザインのセンスや技術なども求められます。

デザイン力のある人は、どこも引っ張りだこなので、かなり高額の年収を得ることができます。

あまりデザイン力がない人は、コーダーとしてプログラミングに徹するなど、様々な仕事の仕方があります。

転職でステップするため日ごろから色々な技術を身に付けておく

また、未経験からこの業界に入ると、安い現場で使われることがあります。

安い現場とは、単純作業が多かったり、あまり技術力を必要とされない現場です。

そういった現場では、作業する人の技術力が上がってくると、より高度な仕事へと移行させてくれることもあります。

せっかく技術が上がっているのに、いつまでたっても同じ作業しかさせてくれないこともあります。

そういった時に備えて、色々な幅広い技術を身に付け、転職してステップアップができるように備える必要もあると言えるでしょう。

WEBプログラマーの世界は、人材の流動性が高いので、高い技術を身に付ければ、有名な大手企業に就職することができる可能性も高く、大きな報酬をもらうことができる世界だと言えます。