履歴書を作成する際に重要なポイントとは

採用担当者に興味を持ってもらう事が必要

現在、HTMLコーダーへ転職をお考えの方の中には履歴書の作成で苦労している方もいるのではないでしょうか。

ここでは、履歴書を作成する際に重要なポイントをご紹介しています。

転職をする際に履歴書の作成は避けて通る事はできません。そして履歴書は非常に重要になります。

求人に応募すると、まず書類選考があります。

書類選考を通過しない事には企業は面接を行なってくれません。

そのため履歴書を制作する際に最も重要な事は、自分をしっかりアピールして採用担当者に興味を持ってもらう事が必要になります。

採用担当者の興味を引く事で面接に繋がる可能性が大きく広がります。

では、採用担当者に興味を持ってもらえる履歴書の書き方とはどのようなものなのでしょうか。

履歴書だけでは自分の事を最大限アピールする事は難しいと思いますので、職務経歴書も作成する事が必須になります。

履歴書では、フォーマット通りに今までの経歴や志望動機を書きます。

職務経歴書を作成する際のポイント

そして職務経歴書です。

職務経歴書というのはフォーマットがありませんので自由に書くことができます。

まずは、履歴書で書ききれなかった経歴の詳細を書くといいでしょう。

・どんな仕事をしていたのか
・自分の役割はなんだったのか
・身についたスキルはなんなのか
・どんな実績を残したのか

などの事をわかりやすく簡潔にまとめて書く事をおすすめします。

経歴以外では自己PRを書く事をおすすめします。

・自分はどういう性格なのか
・応募した企業で自分にできる事
・応募した企業で何を学びたいのか
・将来の夢

自分の強みがある場合はしっかりアピールしましょう。

履歴書・職務経歴書の他にもポートフォリオを制作すると自分のスキルを証明する事ができますので求人に応募する際には準備しとく事をおすすめします。

WEB業界は学歴や経歴は関係ないといいます。

センスなどが重視される傾向にあります。

自分の履歴書・職務経歴書をポートフォリオにするのも面白いでしょう。

こういったユニークさが採用担当者の興味を引く事に繋がる事もあります。