WEBデザイナーの年収は幅が広い

自身のスキルがそのまま年収・給料に反映される

現在、WEBデザイナーへ転職をお考えの方は年収・給料の事を気にしている方も多いと思います。

やはり転職をする上で年収・給料は重要になります。

年収・給料のアップを図るために転職を行う方も多くいます。

また、仕事への意欲も年収・給料が大きく関係してきます。

では、WEBデザイナーの年収・給料はどうなっているのでしょうか。

WEBデザイナーの平均年収は約400万前後、平均給料は約30万前後になっているようです。

年収の幅は、約300万円前後〜約600万円前後と言われています。

WEBデザイナーは年代によっても大きく年収・給料が異なり、歳を重ねる事に年収は上がる傾向にあります。

WEBデザイナーに限らず、WEB業界全体は個人のスキルや雇用形態などで年収・給料に大きく幅があります。

そして、WEBデザイナーとしてどのくらいのスキルがあるのかでも年収・給料は変わると言われています。

ひとつ例を挙げると、

ある程度のデザインを制作する事ができ、SEOを意識したコーディング(HTML・CSS)ができるくらいのスキルで年収は約300万円〜約350万円だと言われてます。

このようにWEBデザイナーという職種は自身のスキルがそのまま年収・給料に反映されますのでやりがいがある職種でもあります。

WEBデザイナーになられたらまずは自身のスキルを磨く事をおすすめします。

WEBデザイナーがさらなる年収アップを図るには

実力次第では大幅な年収アップを図る事も可能になり、WEBデザイナーは実力主義な面もあります。

さらに、WEBデザイナーからWEBディレクターやWEBプロデューサーへスキルアップする事でさらなる年収アップを図る事もできます。

WEB業界のクリエイターの職種の中ではWEBディレクターやWEBプロデューサーの年収・給料が最も高いと言われています。

現在、WEBデザイナーとして働いている方の中にもWEBディレクターやWEBプロデューサーへスキルアップする事を目標にしている方も多くいると聞きます。

また、将来的にはWEB業界は今以上に成長し、WEB業界全体の必要性、需要が高くなると予想されているのでWEBデザイナーの平均年収も上がる可能性があります。