WEBデザイナーになるための準備をする

WEBデザイナーに関する資格を取得している方が有利

WEBデザイナーへ転職をお考えの方の中にはHTMLコーダーからWEBデザイナーへスキルアップを図りたいと思っている方もいられると思います。

将来的にはWEBデザイナーへなる事を見据えてHTMLコーダーになられた方も多いと思います。

HTMLコーダーからWEBデザイナーへスキルアップを図ろうとしている方はHTMLコーダーとして働いている時から事前に準備する事をおすすめします。

何を準備するのかと言うと、WEBデザイナーに必要なスキルを取得する事です。

WEBデザイナーに必要なスキルを取得して、WEBデザイナーへの転職をする際に使用するポートフォリオを制作する事やWEBデザイナーとしてのスキルを証明できる資格を取得するなどを事前に行っていればWEBデザイナーへの転職はスムーズにいき成功する可能性も大きくなるでしょう。

WEBデザイナーになるには特に資格は必要ありませんが、転職活動をする際には資格は大きく役に立ちますのでWEBデザイナーに関する資格を取得できるタイミングがあれば取得する事をおすすめします。

WEBデザイナーに関する資格にはなにがあるか

WEBデザイナーに関する主な資格は以下の資格です。

・Illustratorクリエイター能力認定試験
・Photoshopクリエイター能力認定試験
・Webデザイナー検定
・ウェブデザイン技能検定
・WEBクリエイター能力認定試験

などが挙げられます。

上記で述べた資格はどれもWEBデザイナーとしてのスキルを証明する事ができます。

現在、WEBデザイナーへ転職を目指している方は資格の取得をご検討してみてはいかがでしょうか。

また、HTMLコーダーが勤務する職場の多くはWEB制作会社です。

WEB制作会社にはWEBデザイナーも働いていますので、WEBデザイナーの技術を参考にするなどしてスキルを磨く事もできます。

WEBデザイナーに関する質問があれば質問をしてみるといいでしょう。

現場で活躍するWEBデザイナーの実際の声は非常に参考になると思います。