HTMLコーダーからWEBデザイナーへスキルアップをお考えの方へ

WEBデザイナーへスキルアップする事を目標にしている方は多い

現在、HTMLコーダーへ転職をお考えの方の中には、HTMLコーダーはスキルアップが可能なのかといったような将来的な事を心配されている方もいるのではないでしょうか。

HTMLコーダーが活躍している職場の多くは、WEB制作会社になります。

WEB制作会社では、HTMLコーダー以外にも様々な職種のWEBクリエイターの方も活躍しています。

その中のひとつの職種にWEBデザイナーがあります。

もともと、HTMLコーダーが行っているコーディングはWEBデザイナーの仕事でした。

WEBデザイナーの負担を軽減するために作業の分業化が行われ、HTMLコーダーという職種が誕生しました。

WEBサイトを制作する際もHTMLとWEBデザイナーは接点が多くあり、HTMLコーダーの役割を担いながらWEBデザイナーに必要なスキルを取得する事ができます。

ですので、HTMLコーダーからWEBデザイナーへスキルアップをする事は可能です。

そもそも、WEB業界に入ってくる方の多くはWEBデザイナーを夢見てWEB業界に入ってくると言われています。

しかし、WEB業界未経験からの転職ですと余程のデザインセンスとデザインに関する知識・技術がなければWEBデザイナーになる事は難しく、最初のうちはHTMLコーダーとしてWEB制作に必要な基礎的なスキルを学んでからWEBデザイナーへとスキルアップする方が多いと聞きます。

現在でも、HTMLコーダーとして活躍している方の中には将来的にWEBデザイナーになる事を目標にして日々WEBデザイナーに必要なスキルを取得している方が多いようです。

また、WEBデザイナーになる事を見据えてHTMLコーダーになる方もいるようです。

企業内でHTMLコーダーからWEBデザイナーへスキルアップをする事も可能ですし、他の企業へWEBデザイナーとして転職してスキルアップを図る事も可能になります。

WEBデザイナーの活躍の場は広い

WEBデザイナーが活躍している職場はWEB制作会社だけではなく、デザイン事務所や広告代理店など幅が広く、WEBデザイナー求人も多く見る事ができます。

転職活動を行う際にもHTMLコーダーとしての経験がありますので、WEB業界未経験ではなく経験者になり有利に転職活動を行う事もできます。

ここではHTMLコーダーからWEBデザイナーへのスキルアップについてご紹介しましたが、HTMLコーダーから他のWEBクリエイターの職種にもスキルアップする事は可能です。

現在、HTMLコーダーへの転職を目指している方はこういったスキルアップをする事を見据えて転職活動を行うと転職活動の方法もまた変わってくるのではないでしょうか。

WEBクリエイターとしてのしっかりとした目標や夢があれば事前に準備する事ができますので将来的な事は今のうちから計画する事をおすすめします。