HTMLコーダーに求められるHTMLコーディングとは

HTMLコーダーに求められる仕事内容の中でも最も基本となり、また重要となるのがHTMLコーディングです。

WEBシステムの構築においてはブラウザできちんと閲覧することができるか、またシステムが正常に機能するかどうかが最大のポイントとなります。

特に広く顧客に向けて情報を提供するWEBシステムの場合、問題なく機能することが絶対条件となります。

HTMLコーダーのHTMLコーディングはWEBデザイナーによってデザインされたWEBシステムを問題なくブラウザで閲覧できるようにするわけですが、その際にポイントとなるのは複数のブラウザで問題なく機能すること。

現在のネット環境ではInternet Explorerの利用者が圧倒的に多い状況ですが、もちろん他のブラウザを利用している人はいます。

より多くの顧客にアピールし、利用に耐えうるためには複数のブラウザに対応していることが不可欠なのです。他のブラウザではFirefoxやSafariなどが挙げられます。

すべてにおいて正常に表示するHTMLコーディングが求められる

問題なのはこれらのブラウザは表示方法などに違いがある点。

Internet Explorerで問題なく表示されるページも他のブラウザでは不都合が生じることがよく起こりうるのです。

HTMLコーダーはこうしたブラウザの違いを確認し、それぞれに完全に対応し、すべてにおいて正常に表示するHTMLコーディングが求められるわけです。

WEBデザイナーに比べて単純作業のイメージが強い仕事ですが、実際には細心の注意と配慮が求められる仕事なのです。

この仕事が滞りなく行えるようになってはじめてWEBデザイナーとしての第一歩を示すことができるといってもよいでしょう。