HTMLコーダーの就職・転職に関して年齢が問われることはほとんどない

HTMLコーダーは若い世代が多い

HTMLコーダーへ転職をする際に気になる項目のひとつに年齢制限の事もあるのではないでしょうか。

特に未経験の方の場合ですと、年齢制限を設けている企業はたくさんあります。

HTMLコーダーの求人はどうなっているのでしょうか。

WEB関連の仕事に関しては年齢にも注目が集まります。

まだ比較的新しい業界であり、若い世代の方が多いこと、また進歩が目覚ましい一方、10年後、20年後に業界がどのような状況になっているのが読めないことなどがその理由です。

ではHTMLコーダーに関してはどうでしょうか。

WEB関連の仕事の中でも特にHTMLコーダーは新しい職業に入ります。そのため若い世代が多いのが特徴として挙げられます。

一方、未経験からなることも十分可能なため、30代から目指す人も少なくありません。年齢構成を見ると20代がメインとなるものの、30代も多く、40代以上になると一気に少なくなる傾向が見られます。

なお、HTMLコーダーの就職・転職に関して年齢が問われることはほとんどないといってもよいでしょう。

30代なら十分チャンスはある

一方では経験が問われます。つまり未経験の20代よりも経験のある30代が優遇されるわけです。また必須の資格もなく、学歴が重視されることも少ないため、実力次第で就職が可能、さらに高収入を得ることも可能です。

一応年齢ごとの収入の目安も見てみましょう。20代では250〜350万円。200万円台が大半を占めるといわれています。30代になると上昇し、300万円〜500万円くらいに。これはこの年齢層になるまでどの程度のキャリアを積んでいたかによって差が出てきます。

40代、50代になってもこの仕事を続けられるのか、という点ではやや不透明な面もあるものの、年齢が大きなネックとなることは比較的少ない職業といえるでしょう。30代なら十分チャレンジしてみる価値があるはずです。