HTMLコーダーになるためには何が必要か確認する

HTMLとCSSのスキルは必須

現在、未経験からHTMLコーダーへ転職を検討されている方の中には、どうしたらHTMLコーダーになれるのか疑問に思っている方もいられるのではないでしょうか。

ただ、やみくもにHTMLコーダーの求人に応募しても採用される確率は低いでしょう。

求人に応募する前にしっかりHTMLコーダーになるためには何が必要か確認する必要があると言われます。

HTMLコーダーはWEB業界で働く上でのステップにもなりうる仕事です。

もともとWEB業界の仕事にはこれといって必須となる資格はありません。

もちろん就職・転職に便利になる資格はありますが、未経験から、あるいは文系から目指すことも十分可能です。

特にHTMLコーダーは未経験から始めやすい仕事といえます。

HTMLコーダーになるためにはコンピューター関連の知識が不可欠。HTMLはもちろんのこと、CSSなども必須でしょう。

またより幅広い業務を担当したい場合にはSEOやCMS、アクセシビリティといった知識も求められます。

問題なのはこうした知識をどこで身につけるか。

独学で学んでいくことも可能ですが、未経験から身につけていくとなるとかなりの時間と手間がかかります。

やはりスクールを利用した方が近道でしょう。パソコン教室やWEBを利用した通信講座などがあるため、自分に合ったものを探してみましょう。

ポートフォリオの提出は重要

採用の際には最低でもポートフォリオ、つまり作品の提出が求められます。

それができる程度までスキルを身につけておくことが大前提。

まずはHTMLの書き換えが自分でできるようになるのが第一目標となりそうです。

どこまで身につけたらHTMLコーダーになれる、といったはっきりとした境界線はないため、自分なりに納得のできる作品ができるかどうかを判断基準にするとよいかもしれません。

まずHTMLコーダーを目指し、経験を積んでからWEBデザイナーやディレクターを目指すルートも考えられます。

その際にもHTMLコーダーを目指すために身につけた知識・スキルは決してムダにはなりませんから、しっかりと学んで身につけておくようにしましょう。