自分のスキルを証明できるポートフォリオを制作する事は必須

ポートフォリオは採用・不採用を分ける決定打になる

未経験からHTMLコーダーへ転職する際に絶対に避けて通れないのがポートフォリオです。

ポートフォリオとは「作品集」のこと。これが採用・不採用を分ける決定打になることが多いのです。

HTMLコーダーに限らず、WEB関連の仕事では面接の際のポートフォリオの提出を求められることがよくあります。

つまり、応募者がどのようなサイトを作れるのか、どれだけのスキルやセンスを備えているのかをこれでチェックするわけです。

実務経験がない未経験の方には自分のスキルを証明できるポートフォリオを制作する事は必須とも言えるでしょう。

HTMLコーダーの仕事はWEBデザイナーがデザインしたサイトをHTMLにコーディングしてブラウザで表示できる状態にすること。

つまり最終的にサイトが無事に表示され、機能するかどうかを決定付ける仕事となります。

そのため、その重要な役割を担うスキルを備えているかどうかを判断するのにポートフォリオは非常に重要です。

しっかりしたものを提出できれば求められる役割を果たせる能力を備えていることを証明できるのです。

デザインセンスもアピールできる

さらに一歩踏み込んでデザイン力をアピールする際の武器にもなります。

HTMLコーダーとしての転職・採用を目指しつつ、将来的にはWEBデザイナーの仕事にも従事したい、と願っている人も多いでしょう。

ここでデザイン力をアピールできれば将来にも役立ちます。

HTMLコーダーへの転職を考えていたが、デザインのセンスを買われ企業側からWEBデザイナーへならないかという打診を受けるケースもあるといいます。

特に実務経験がない人がスキルを証明するのに役立つポートフォリオ。面接に合わせて急に作成するのではなく、できれば日ごろから時間をかけて準備しておくとよいでしょう。

転職したい職種や業務に合わせたものを作成する工夫も求められそうです。

未経験からHTMLコーダーへ転職をお考えの方はポートフォリがあると転職活動を有利に進められる可能性もありますのでポートフォリを準備する事をおすすめします。